マジック・ジャグリングを主体としたエンターテインメントチーム
夢奇房の公式サイト

メンバー紹介 Rita*
メンバー紹介 Rita*
メンバー紹介 Rita*
メンバー紹介 Rita*

自己紹介

オレンジ色のクラウン「Rita*」として参加して以降、ステージの上でセリフのある役を演じたこともあれば、アクロバットで演目を作ったりしたこともあります。

夢奇房に参加したきっかけ

第12回公演の本番2か月前、クラウンの先輩であるらいさんから、「公演当日、客席でクラウングリーティングをやらないか」と誘っていただいたのがきっかけです。
当時はまだクラウン駆け出しということもあり、右も左もわからないまま突入しましたが、気付いたら同公演でパレードに参加したり、舞台上にも立ったりしていました。笑

主な特技

コントーション(軟体芸)を習っています。
当面の目標は、前後左右開脚を230度くらいは余裕で広げられるようになること、後屈で頭とお尻をくっつけること、そしていつかコントーションで夢奇房の舞台に立つことです。

夢奇房のステージを見たことない人にひとこと

私はマジックもジャグリングも演劇も、何一つ経験したことのないまま参加しましたが、夢奇房の方々のおかげで、それまで知らなかった世界を知ることができたし、「本当はやりたかったけどやれなかったこと」に真正面から向き合う勇気を貰いました。
自分の気持ちに正直になって本気で何かに取り組むというのは、とても気持ち良いものですよ。

夢奇房のステージは、参加者全員の熱意と興奮と結束力が合わさった、一言では表現出来ないものです。
日々をなんとなく過ごしている、刺激が足りない、何かワクワクするものに触れたい!
そんな方にはぜひ一度、足を運んでいただけたら嬉しいです。

出身

大道芸ワールドカップin静岡 市民クラウン(2014年~)

◆メンバーより一言

普段は「場の全体」をみながら、分け隔てなくメンバーを気にかけ、話しかけているRita*。
特に稽古期間は「メンバーの結びつきを強めている」印象を受けます。

パフォーマンス中のRita*は一転、ストイックモード!意見に納得すれば何度も直すし、そうでないときはハッキリ、そして深く聞くし。なんだか凛々しい。
そのオフとオンの振り幅は、クラウンのキュートなキャラから艶やかな役柄までこなす姿に重なります。
自分の軸があるからこそ、幅を効かせることができるんだろうな。 (by鈴木 駿一)


過去の出演作

リンクをクリックすると各公演のページへ進みます

メンバー紹介