マジック・ジャグリングを主体としたエンターテインメントチーム
夢奇房の公式サイト

夢奇房とは?

◆夢奇房とは

年に1回公演を行っているパフォーマンス集団です!


◆活動拠点

都内を中心に、練習や定例会を行っています。


◆団体の目的

夢奇房は、マジック・ジャグリング・クラウン・音楽・演劇・ダンスなど、あらゆるジャンルのパフォーマンスを取り入れ、お芝居(ストーリー)に沿った舞台公演を年に1回開催しており、その公演に向けて年間活動しています。


◆団体紹介概要

◎出演者の中には舞台上でパフォーマンスを行う【パフォーマー】もいれば、登場人物として公演全体の物語を進めていく【キャラクター】もいます。舞台上にてさまざまな形でパフォーマンスや演技を披露しています。


◎また舞台照明・音響のオペレーションや、衣装・小道具・舞台セットの用意など公演を支え引き立てる【スタッフ】を含め、全て夢奇房メンバーにて構成しています。


◎アマチュアの団体のため、基本的に「土・日・祝日」の活動となります。


◎1年を通して次の公演に向けて活動しています。公演直後は旅行や花見などメンバー同士で遊びぶイベントも多く、春夏はメンバーの団体外出演も活発になります。会議では次回公演へ向けた仕組みづくりやアイデアを練るなどの準備を経て、だんだんと秋ごろから練習が本格化し、いわゆる「公演期」へと向かっていきます。



◆パフォーマー・役者以外のメンバーの役割

◎音響

パフォーマーの演目曲を流したり、BGMや効果音を流したりするのが仕事です。あと、マイクのオン・オフなどもしています。
~Member’s Voice~
「演者さんのために曲を流して、演者さんが曲に乗って拍手を取ったり演技を決めている時の嬉しさは格別!」

◎照明

場面の情景や人物の心情を照明で表現する仕事。パフォーマンスでは演者さんの演技を引き立てたりと演出の大きな柱となって動きます。
~Member’s Voice~
「小屋入りしたリハーサルで、思い描いたとおりのきれいな絵ができた時は毎回喜びでいっぱいです!」


◎ピンスポット

全体の照明とは違って、それよりも強い光で一点を照らす大事な役目。
~Member’s Voice~
「お客さんの目もそちらに吸い寄せられるので責任重大!音響や照明との連携やタイミングが繊細だったりします。」

◎衣装

演者さんが自分で持ってきた衣装に対して助言をしたり、細かな手直し・スタイリングをしたりします。サイズ調整なんかもお手伝いしています。
~Member’s Voice~
「舞台に立った演者さんを見たお客さんが、『あの服、素敵!』『かっこいい!』とか言ってくれる時は思わずガッツポーズに!」

◎進行

公演時、舞台上に物を出したりはけさせたり、パフォーマンス中に散らしたものを片づけたりすることが主な仕事。
~Member’s Voice~
「ストーリーや全体の雰囲気や余韻をスムーズに次につなげたときは高揚感と達成感とほっとした気持ちでいっぱいになります」

◎美術(大道具・小道具)

場面に必要なセット道具や身に着けるものなどを作ったり、「これが必要、あれは不要になった」「誰が用意するか」なんていう全体の管理も行ったりする縁の下の力持ち。
~Member’s Voice~
「本番で演者さんが自分の準備した小道具を使って舞台に立っている時は作ってよかったなと思います」

◎会場係

お客さんをご案内したり、客席から演者さんをサポートする仕事を担当しています。
~Member’s Voice~
「お客さんとお客さんが見ている舞台に一番近いスタッフなので、演者さんが良いパフォーマンスをして、客席が沸いた時の場の盛り上がった熱が近くに感じられて自分のことのようにうれしくなります」

◎演出

脚本の意図をくみ取って舞台上の出演者の動きやテンポ、照明やBGMなどをコントロールして観客に伝えたい感情を届ける、指揮者のような役割をしています。
~Member’s Voice~
「演出はだれよりも脚本を読み込む必要があります。『どうしてこのセリフなのか』『ここで何を伝えようとしているのか』、いわゆる行間を読み解きます。それを稽古で実験して、イメージ通りか確かめます。稀にイメージ以上のシーンが出来上がったときは飛び上がるほどうれしいです」

◎脚本

公演全体のストーリーにおける登場人物の設定を決めたり、セリフや動作を書く仕事です。
~Member’s Voice~
「公演の全体のベースを作る仕事で、一人で作るイメージが強いと思いますが、演出家やスタッフ、パフォーマーとのコミュニケーションも求められます。自分が文字に起こした世界が舞台上で語られ、実現したときの嬉しさはひとしおです」

◎広報

夢奇房を知らない人に広く知ってもらい、知っている人にはより好きになってもらうようチラシやSNS、ホームページなどを利用して宣伝・周知する仕事。
~Member’s Voice~
「活動は華々しいものではありませんが、集客につながる大事な仕事。皆が興味を持ってくれるようなコンテンツや企画などを決めています」

◎装飾

ホワイエ(受付を通ってすぐの場所)をバルーンアートやポスターや人形などで彩る仕事。
~Member’s Voice~
「ホワイエは現実世界という舞台世界の中間地点。公演の世界を踏まえながら、行きと帰りで楽しめるような二つの世界の橋渡しができればと思っています」

夢奇房の足跡

2003.06.xx
法政大学奇術愛好会と成蹊大学マジシャンズクラブのOB・OGを中心に夢奇房が誕生。

2003.07.xx
夢奇房公式サイト“STARRY HEAVEN”開設。

2004.03.06
成蹊大学4号館講堂にて、第1回公演「然~ありのままの~」を開催。

2005.02.26
北区赤羽会館にて、第2回公演「凛~静かな音の、小さな夜に~」を開催。

2006.02.26
北区赤羽会館にて、第3回公演「瞬~幕の狭間のほのかな刹那~」を開催。

2007.03.04
新宿区牛込箪笥区民ホールにて、第4回公演「シートと黄金の紙」を開催。

2008.03.09
北区滝野川会館にて、第5回公演「Fruit on the Wedding Cake」を開催。

2009.02.22
北区滝野川会館にて、第6回公演「ゆめ戯草子 ~ふたりの浦島おかし話~」を開催。

2010.02.28
北区滝野川会館にて、第7回公演「サーカスの魔法は街を包んで」を開催。

2011.02.27
北区滝野川会館にて、第8回公演「常夜の月花」を開催。

2012.03.04
北区滝野川会館にて、第9回公演「夢どろぼうの住む街」を開催。

2012.07.07
WAREHOUSE702にて、MIRROR BALL CIRCUSとのコラボレーション企画
「THE NIGHT CIRCUS SIDE -月の花と、ふたつの星と-」を開催。

2013.02.24
北区滝野川会館にて、第10回公演「道化の歩いた道」を開催。

2014.03.02
新宿区牛込箪笥区民ホールにて、第11回公演「ルーフボーイ」を開催。

2014.06.21
両国門天ホールにて、TriCoRole Theatre「The Clowns' Bash -道化師たちのバカ騒ぎ-」を開催。

2014.08.30
アトリエみるめにて、TriCoRole Theatre「The Clowns' Bash -道化師たちのバカ騒ぎ-静岡公演」を開催。

2015.02.22
西東京市民会館にて、第12回公演「虹の独唱歌(アリア)」を開催。

2015.11.23
両国門天ホールにて、TriCoRole Theatre「Sketch comedy -東京公演-」を開催。

2015.12.12
あそviva!劇場にて、TriCoRole Theatre「Sketch comedy -静岡公演-」を開催。

2016.02.28
北区滝野川会館にて、第13回公演「空とぶクジラと見えない空と」を開催。

2017.02.26
北区滝野川会館にて、第14回公演「ナイトショーは大胆に」を開催。

2018.03.04
西東京市民会館にて、第15回公演「重ねテイク、アクション!」を開催。

▲このページの上部へ


当サイトについて


夢奇房Official Website
URL  http://www.yume-kibou.com/

当サイトはリンクフリーです。
リンク先は上記URLでお願いいたします。
相互リンクをご希望の方は、下記アドレスへご連絡ください。

 info@yume-kibou.com

 ※@は半角にして、送信ください

当サイト掲載の画像・写真等の無断転載はご遠慮ください。

▲このページの上部へ