マジック・ジャグリングを主体としたエンターテインメントチーム
夢奇房の公式サイト

メンバー紹介 大橋 春香
メンバー紹介 大橋 春香
メンバー紹介 大橋 春香
メンバー紹介 大橋 春香

自己紹介

2歳から日本舞踊を始めて、5歳の時に初めて舞台に立ちました。現在は弧の会でも活躍されている舞踊家の若柳里次朗先生に師事しています。
また、大学のサークルがきっかけでマジックを始めました。夢奇房の公演ではシルクとアラカルトで出演しました。13回公演では演劇にも挑戦しました。

夢奇房に参加したきっかけ

大学のサークルの先輩であるチャンさんに誘われて参加しました。
夢奇房に参加するまでは、日本舞踊やマジックをそれぞれのジャンルとして分けて考えていたところが大きかったなと感じています。日本舞踊やマジックや演劇、・・・といったジャンルの土台である「舞台に立つこと」という部分を考えたときに舞台でしっかり感情や景色を表現できるようになりたいと考え、参加しています。

普段の生活の様子

都内の会社で製品開発の仕事をしています。
小さい頃から、何歳になっても舞台に立ち続けている大人に囲まれて育ってきたので、70歳まで舞台に立つことが夢です。

出身

東京理科大学奇術同好会

◆メンバーより一言

第13回公演の「ソニア」は、表現するのが非常に難しいキャラクターだったけれど、初めて取り組む演技に戸惑いながらもしっかりとアドバイスを吸収し、熱量をもってやり切っていました。
心に残るいいシーンだった!

あと、はるちゃんは、ちゃんと女の子してる。
私は逆立ちしても10回生まれ変わってもこんなふうにはなれないんだろーなという自覚があるので、心から尊敬しております。
一見控えめで、でもひたむきで、世俗にまみれてなくて、土壇場では肝がすわってて、もうジブリに出てきたらいいんじゃないかと思ってます。 (by戈 文来)


過去の出演作

リンクをクリックすると各公演のページへ進みます

メンバー紹介