マジック・ジャグリングを主体としたエンターテインメントチーム
夢奇房の公式サイト

メンバー紹介 ねる
メンバー紹介 ねる

自己紹介

10期から会場の装飾として参加してます。
メインアイテムはツイストバルーン。気づけば10年以上。
ドール作成、装飾、パフォーマンス、セミナー講師、グリーティング(プレゼント)、ギフト作成、バルーンフラワー(TBF認定講師)など。
たまに大会に出たり手伝ったり。
あとちょっとだけジャグリングとクラウン。

夢奇房に参加したきっかけ

「装飾手伝って!」と誘われて、気づいたら数年目…。

普段の生活の様子

風船で遊び、健康診断におびえ、バイクで走り、よく眠る。

主な特技

耳を動かせる。

夢奇房ステージを見たことない人に

様々なジャンルのパフォーマンス、人の集合体で織りなす世界観。
きっと響くものがありますよ!

出身

二松学舎大学大道芸研究会

◆メンバーより一言

「バルーンの魔術師」と、勝手に心の中で呼んでいます。
実際に、ねるさんが参加してから公演の会場内装飾は量・質ともに格段に進化しました。
演出チームと装飾イメージのすりあわせをするのですが、実際に見るまではやっぱり仕上がりがわからないんですね。
そして本番前日の仕込みで目の当たりにして「どっひゃー」と後ろにのけぞるわけです。もうね、スゴすぎて。

『空とぶクジラと見えない空と』のときにジオラマみたいな作品を何か月も前から準備していました。
手のひらサイズのキャラクターたちの人形が、本当に繊細で再現度が高く、練習に来るたびにパフォーマーの衣装の袖口の色が変わっていたり、襟巻きをボツにしていたりすると、
「本当に困るんですよ!」
と笑いながら泣きながら訴えていました。
そしてしっかり作り直してきていました。 (by戈 文来)


メンバー紹介